野栄っつはどこだ?

のざかえじゃねえどぉ・・・のさかって読んでくろえ
場所
千葉県の東部、海っぺたの町。八日市場市・匝瑳郡光町に隣接。一昔前カラオケの町として時々TVに登場した。
野田(のだ)村と栄(さかえ)村が合併して野栄町。でも読み方はなぜか「のさか」
何かがおかしいとおもう。。。ま、近隣の人々は「のざかえ」って言ったりするけどね。
東京まで約100キロ。漁業と農業の町。何が有名?って言われても困る。
地図

集落
野手(ので)・今泉・内裏塚(でーづが)・川辺・堀川・栢田(かやだ)。各々、**浜がある。岡集落・浜集落があり、典型的な納屋集落をなしている。海退により、漁具置き場の納屋に人が住むようになり、集落となった。岡集落・浜集落ともに海岸線にほぼ平行しており、岡集落は海退により形成された潟湖に沿って成立したようだ。そのためか、岡集落間を繋ぐ道は 現在の海岸線同様、弧を描いている。
岡集落と浜集落の中程に「目名(めな)」と言う集落がある。他の地方では目那と書くこともあるが、どれも似たような場所にあり、湿地を意味する言葉だという説もある。

歴史
まずは野手村から
桓武平氏千葉氏から分かれた椎名氏の一族、野手氏が野手字御城に住んでいた。天文四年(1535)三月、「野手合戦」が起こり、八日市場城主押田氏に攻められ落城。
本来、野手は野田(のだ・ぬだ)と呼ばれていたが、野手となり、野手村と今泉村が合併するときに野田(のだ)が復活し、野田村となった。

内裏塚(でーづが) の歴史は古い。壬申の乱のころ、なんたら皇子の妃のなんたらさんが鹿島に向かう途中で漂着し、なくなったたらしい。このとき一緒にくっついて来たのが○田姓の人だと町ではもっぱらの噂。○田さんの○は熱のへんが幸。要するに啓蟄の蟄の虫をれんがにした字。現在は熱田さんと名乗っている方が圧倒的なようだ。


ホーム > 野栄町


掲示板 方言辞典 | 翻訳マシーン | 土産 | リンク
Copyright 2001 NosakaWalker All rights reserved.